自然観察会

前へ ホーム 上へ 次へ

 

 

 開館前の準備室の時から開始された行事で、当初は、生物と地質の学芸員が引率して、自然全般の初歩的な観察をしていました。昭和57年度からは生物担当の行事となり、現在では四季に1回の行事として開かれています。大磯丘陵が中心的なフィールドですが、丹沢、箱根、真鶴半島、江ノ島など県内各地をフィールドにしてきました。開館後の回数は、136回でのべ参加者は2709名です。(担当:浜口

行事に参加するには

※ここに載せた文章は、開館20周年記念展の際に発行された図録の 第2章 博物館のしごと 6.出会いの場としての行事 中に掲載されたものです。よって、多少古い記述となっています。

現在のものはこちら

 

前へ ホーム 上へ 次へ

※当ホームページは、平塚市博物館が運営しているわけではありません。情報展示研究会が会の責任において製作しているホームページです。よって、このホームページの記述に対して、平塚市博物館がいかなる責任、義務を負うものではありません。
 何か疑問等ありましたら、こちらまで。 メールはこちらまで