民俗探訪会

前へ ホーム 上へ 次へ

 

 

 現在この会は、日曜日の活動ではなくなりました。ご注意ください。

 平塚市周辺の民俗文化を歩いて学ぶ会で、平成8年4月に発足しました。平成8、9年度は「八王子道を歩く」と題し、平塚宿と甲州街道八王子宿を結ぶ旧八王子道を歩き、到達後に文集『八王子道を歩いた』をまとめました。現在は、「西相模のムラを歩く」というテーマで、平塚駅を起点に中井町、山北町と歩き御殿場を目指しています。1日に歩く距離は10Km程度。解散場所が次回の集合地になるので、歩き継ぐ格好になります。歩き継ぐことによって、景観や石仏、土地利用などが変化していく様子を肌で感じ取ることができます。道祖神や庚申塔、道標など石仏の観察が見所で、平塚から離れるに従い、毎回目新しいタイプの石仏が登場してくるのが楽しみです。平成10年度の会員は73名で、毎回40名以上参加する大所帯の会になっています。地域の伝統を再発見してみたい方はどうぞご参加ください。
・活動日時:月1回日曜日午前10時〜午後4時
・申込:年間会員制。

民俗1996/06/02 八王子道を歩いた

行事に参加するには

※ここに載せた文章は、博物館ガイドの「行事に参加しよう」に掲載されているものです。

 

前へ ホーム 上へ 次へ

※当ホームページは、平塚市博物館が運営しているわけではありません。情報展示研究会が会の責任において製作しているホームページです。よって、このホームページの記述に対して、平塚市博物館がいかなる責任、義務を負うものではありません。
 何か疑問等ありましたら、こちらまで。 メールはこちらまで