大みそかの火

前へ ホーム 上へ

 

ろばたばなしの会の会員の方)石川県の昔話で大みそかの火。
 昔あるところにしっかり者の姑さんと素直な嫁さんがおった。ある年の暮れ、いよいよおしせまって大晦となった。寝しなになって姑さんは嫁さんに「この家は先祖代々、囲炉裏の火を絶やしたことのない家や。そやさかい特に大晦の晩には火種を絶やしてはならんぞ。正月の元旦に雑煮をたく火が無いようなら、この家の嫁ではないぜや。」と言った。
 嫁さんは姑さんの布団を敷いてあげてから、台所で忙しく正月のこしらえをしていた。やがて夜中になったので、火種のことが心配になって嫁さんは囲炉裏の灰を掻き分けてみた。すると、もはや火種は消えて蛍の尻ほどの火も残っていなかった。「あーこりゃ弱ったな、どこかで火をもらってこなければ」と外へ出てみたが隣近所はすっかり寝静まり雪もちらちら降っていた。けれどもどこかで火をもらわなければと、とぼとぼと家を出ていった。
 すると暗がりの向こうから堤灯を灯して何やら重たいお棺のようなものを担いだ男達がやって来た。嫁さんは「もしもしすみませんけど火種をちょっこり分けてもらわれんやろうか」と??頼んだ。すると男達は「あーよしよし火種ぐらいなら分けてやるぞ。そのかわりわしらもあんたに頼みたいことがあるがや」と言った。嫁さんはあの家を追い出されるかもしれないと思っていたので「おれの出来ることなら何でもします。」と言った。すると男達は「これは、さっき死んだ仲間の亡骸や。実は生前、俺が死んだら人目のつかん静かな所に埋めて欲しいと頼まれとったがや。そこでわしらもこうしてどこか良い所はないかと探しているんだけれど、もうすぐ夜が明ける。お前さんすまんが、どこか適当な所を見つけていけてくれないだろうか。」と言った。死人と聞いて嫁さんはびっくりした。気味が悪いと思ったけれど、火種を分けてもらえるならと引き受けた。それから重たいお棺を背負わせてもらい、火種をもらうとお礼こそ言ったものの無我夢中で家へ帰った。
 ちょうどその時一番鶏が鳴くのが聞こえた。嫁さんは、はや急がねばとひとまず棺桶を物置の隅に置いてからもらってきた火種に炭をつぎ火をおこした。おかげで、これでやっと雑煮がたけると喜んで、台所で正月の料理を始めると、もう白々と夜が明けてきた。そこへ姑さんが起きてきて、囲炉裏にかっかと火が燃えているのを見て、機嫌良く「おめでとう」と言ったから、嫁さんも「おめでとさんです」と正月の挨拶をかわした。さて嫁さんはこれで一安心と胸をなでおろしていると、姑さんがすぅーと物置の方へ出て行った。嫁さんは棺桶が見つからなければ良いなと、はらはらしていると、「あんた、ちょっとここへこいや、物置の方がえらい光っとると思うて来てみたら、こんなものどうしたんや」と大きな声がした。嫁さんはこわごわ物置に行ってみると、はや棺桶の蓋が開けてあった。見ると、中には死人ではなくて、ぴかぴか光る大判やら小判やらがいっぱい入っていた。嫁さんは訳がわからなくなって、夕べの話しを正直に姑さんに話した。すると姑さんは「あんたがあんまり素直で親孝行やで、神様がくだされたがや、ありがたいことや」と言って喜んでくれた。それから家中そろって正月の雑煮を祝った。嫁さんは、このお金は神様がくだされたものだからと言って、近くに立派なお宮を建てた。その後一家は末長く栄えたということだ。???。

 

前へ ホーム 上へ

※当ホームページは、平塚市博物館が運営しているわけではありません。情報展示研究会が会の責任において製作しているホームページです。よって、このホームページの記述に対して、平塚市博物館がいかなる責任、義務を負うものではありません。
 何か疑問等ありましたら、こちらまで。 メールはこちらまで