十二支の始まり

ホーム 上へ 次へ

 

ろばたばなしの会の会員の方)十二支の始まり、平塚のお話しです。
 むかーし、むかしと言うてもはるか昔、ある年の暮れのことだった。神様が動物達に、「元旦に新年の挨拶に来るが良い。そしたらその中の、1番から12番までをその動物の年にしてやるぞ。」というお触れを出した。動物達は、来年は俺の年にしてやるぞ。と元日の来るのを、今か今かと待っていた。ところが猫は神様の所へ行く日を忘れてしまった。正月と言うても3が日はある。それに小正月もあるしな。猫は考えていたが、仲の良い鼠の所へ聞きに行った。鼠はけろんとした顔で言うた。「そら、二日の朝に決まっとる。元日には人様の家を訪ねるなと昔から言うでねえか」「そうか、そうか二日の朝だな」猫は鼠に礼を言って帰っていった。
 そうこうしているうちに大晦日になった。鼠が暗がりで覗くと牛がぶつぶつ言いながら旅支度をしておった。「おら、のろまだべ。今夜のうちに出かけるだ」鼠はしめたとばかり牛の背中に飛び乗った。そうとは知らぬ牛は暗い夜道を霜を踏みしめ踏みしめ神様の御殿へと登って行った。門の前に着くとだあれも居ない。ほーう、これでわしが一番に決まったようなもんだ。牛はよだれを垂らしながら元日の朝の来るのを、今か今かと待っていた。やがて里の方で、一番鶏が時を告げると門は静かに開いた。牛はにんまりして門をくぐろうとすると、背中にいた鼠がぴょんと飛び降りて、ちょろちょろと門をくぐって「神様、あけましておめでとうございます。鼠が新年のご挨拶に来ました」そこで、牛は2番になり、千里の道をひゅーっと駆けてきた虎が3番になった。続いて、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪が入ったところで、門は閉められた。これが、子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥という十二支になったんだと。
 ところで、猫は鼠に教わったとおり二日の朝早く神様の門を叩くと、「お前は今まで、ぐうすか寝ておったんか。寝ぼけてらんで、顔でも洗って来い。呼んだのは昨日だぞ」そう言われて、猫はすごすごと帰っていった。それからというもの猫は、毎日顔を洗うようになって、嘘の日を教えてくれた鼠が憎らしくて、鼠の姿を見つけると追いかけ回すようになったんだと。
 こうして猫は十二支の仲間に入れなかったが、やはり十二支の仲間に入れなかったイタチは、神様の所へ毎日行って「神様、おらんところへはそのお触れというのが来ませんでした。それでは不公平です。もう一回やり直して下さい」これには神様も困ってしまった。「イタチどん、一つ相談だが、一年に12日だけ、お前さんの日にしてやるがどうじゃ。月の最初の日をお前さんの日にしてやろう」「神様、1年にたったの12日だけじゃつまらんが、でも我慢します。それをイタチの日にして下さい」そう言われて神様は困ってしまった。そうしてやりたいが、またそれが騒動の元になる。「どうだ、イタチの上に”つ”を付けて、つ・いたちでどうだ。それがお前さんの日だ。だがこれは内緒だぞ」イタチは「つ・いたち、つ・いたち」と何回か繰り返していたが「神様、”つ”が気になりますが、でも無いよりはいいから我慢します」それが月の初めの一日になり、この日がイタチの日なんだと。
 この十二支の話が職人達の間に広まって、時間や日を間違えて来て仲間に入れなかった人のことを「あの人は猫年だわ」と言うようになったんだと。おしまい。

 

ホーム 上へ 次へ

※当ホームページは、平塚市博物館が運営しているわけではありません。情報展示研究会が会の責任において製作しているホームページです。よって、このホームページの記述に対して、平塚市博物館がいかなる責任、義務を負うものではありません。
 何か疑問等ありましたら、こちらまで。 メールはこちらまで