大工と鬼六

前へ ホーム 上へ 次へ

 

ろばたばなしの会の会員の方)次は大工と鬼六というお話しです
 むかーしある所に、とっても流れの速い大きな川がありました。あんまり流れが速いので何度橋を架けてもたちまち流されてしまう。村の人達は、ほとほと困り果てていた。そこで村の人達は集まって、いろいろ話し合ったあげく、この辺りで一番名高い大工に頼んで橋を架けてもらうことにした。使いのものが出かけていって頼むと大工は「うん」と言ってすぐ引き受けた。引き受けてはみたものの大工は心配になってきて、橋を架ける場所へ行ってじーっと流れる水を見つめていると、流れの中にぶくぶくぶくっと泡が浮かんで中からぶっくり大きな鬼が現われた。鬼は「おい、大工どん。お前はいったい何を考えている」と聞いた。大工が「俺は今度ここへ橋かけを頼まれたで、どうかして立派な橋を架けたいものだと思って、こうして考えているところだ」答えた。すると鬼はにかっと笑って「お前がいくら上手な大工どんでも、ここへ橋は架けられまい、けれどもお前の目玉をよこしたら、俺がお前に代わって橋を架けてやってもええぞ」と言った。大工は「俺はどうでも良い」といい加減な返事をして、その日は鬼に別れて家に帰った。
 次の日大工が川へ行ってみると、何とまあ橋が半分架かっていた。次の日また川へ行ってみると困ったことに橋がもうちゃーんと立派に出来上がっているではないか。大工があきれて見ていると、そこへ鬼がぶっくり??て「さあ目玉よこせ」と言った。大工が「待ってくれ」と言うと鬼は「待てね」と言う。「頼む待ってくれ」と大工が逃げ出す後ろから鬼は大声でどなった「そんならば、俺の名前を当てれば許してやってもええぞ」大工はどんどん、どんどん逃げて逃げて当てもなく山の方へ逃げていった。そしてあっちの山、こっちの谷を歩いているとふうっと遠くの方からほそーい声で子守歌が聞こえてきた。「はーやく鬼六めーだま持ってこ?、ええな。はーやく鬼六めーだま持ってこ?、ええな」大工はそれを聞いてはっとした。「そうか鬼の名前は鬼六だ」そしてそのまま家へ帰って寝てしまった。
 その次の日大工が川へ行くと鬼がぶっくり出て来て「さあ早く目玉よこせ」と言った。大工が「もう少し待ってくれ」と言うと鬼は「そんならば俺の名前を当ててみろ」と言った。大工がよーし来た「お前の名前はがわ太郎だ」とでまかせを言った。すると鬼は喜んで「そんな名前ではない。なかなか鬼の名前が言い当てられるもんじゃない」とにかっと笑った。大工はまた「二五郎だな」と言った。「いやちがう」「三太郎だな」「いや違う違う」そこで一番おしまいに大工はえらーくでっかい声で「鬼六」と叫んだ。すると鬼は「誰に聞いた」と言うなり、ぽかーんと消えていなくなってしまったと。???。

 

前へ ホーム 上へ 次へ

※当ホームページは、平塚市博物館が運営しているわけではありません。情報展示研究会が会の責任において製作しているホームページです。よって、このホームページの記述に対して、平塚市博物館がいかなる責任、義務を負うものではありません。
 何か疑問等ありましたら、こちらまで。 メールはこちらまで